乳液

イソフラボンはどんな豆類に入っている?

イソフラボンというと大豆食品に入っているものであるという認識が定着しています。
たしかに、大豆食品にはたくさん含まれています。
そして、大豆食品にも様々な種類があります。
http://xn--eck7bvd2a5dzc.net/でも紹介されているように納豆や豆腐、油揚げといった加工食品、味噌や醤油といった調味料と様々です。
そのため、特に飽きることなく大豆食品を食べている人も多いでしょう。
しかし、中には苦手な大豆食品がある人もいるものです。
特に、納豆は味にクセがあるため苦手な人も多いです。
そうなると、大豆食品を毎日食べるのが難しい場合もあります。
そこで、注目すべきことが、大豆食品以外にもイソフラボンを含んでいる食品http://xn--eck7bvd2a5dzct376ag68a.com/があるということです。

実は、もやしや枝豆にもイソフラボンは含まれています。
ですから、大豆食品に飽きてきたときには、もやしや枝豆を食べるようにしてみましょう。
もやしは、そもそも大豆もやしといい、大豆からできています。
しかし、最近では緑豆もやしやブラックマッペもやし、アルファルファ、といった様々な種類のもやしが生産されています。
そして、これら全てのもやしにイソフラボンは含まれています。
もやしは価格も安いですし、様々なメニューに取り入れやすい食材です。
ですから、豆腐と一緒に毎日の食事のレパートリーに入れれば飽きることなく続けることができます。

もやしには、イソフラボン以外にもたくさんの体に良い効果があります。
老化を防止したり、成長を促進したり、老若男女を問わずに必要とされる効果が得られます。
ですから、毎日の食事に是非積極的に取り入れていきましょう。

もやしは日持ちしないというデメリットがあります
しかし、袋のまま保存せずに水に浸し、空気が入らないように蓋をして保存すると日持ちしやすくなります。
毎日水を替えてあげること、容器はステンレスは避けることに気をつけましょう。
ただし、水に浸すことで、もやしのビタミンが水に流れでてしまいます。
ですから、極力購入したら早いうちに使い切るようにしましょう。